ローソン、東日本大震災の県外避難者を雇用支援へ(2015年5月中旬より新潟市で開始)

既に一部マスコミで5月初めに報道されていましたが、コンビニ大手のローソンが、東日本大震災で県外避難を送っている被災者の方々の就労支援を実施することになりました。

コンビニの全国網を活かし、県外避難者の方々が”将来的に「帰還」又は「定住」のいずれの判断をした場合でも、継続して働ける環境を提供する”ことで、就労分野での生活再建支援を行なうというものです。本日出されたローソンの公式発表によれば、2015年5月中旬を目処に新潟市で開始し、順次全国に展開していく予定のことです。

新潟での窓口になるのは、東日本大震災の県外避難者の支援を行なっている一般社団法人FLIP(新潟県新潟市)。FLIP代表の村上さんは新潟市の「ふりっぷはうす」で県外避難者の方々の支援にずっと尽力されてきました。

また一般社団法人FLIPは、この春から、復興庁委託の避難者情報支援事業を新潟県で開始します。震災から4年を経ての、村上さんたちの真摯な取り組みに敬意を表するとともに、今回のような動きが県外避難されている方々の本格的な生活再建の一助となるよう願って止みません。

一般社団法人FLIP 公式発表(2015年5月7日)
http://www.flip-lab.jp/archives/105

ローソン ニュースリリース(2015年5月7日)
http://www.lawson.co.jp/company/news/103760/

ローソン、東日本大震災の県外避難者支援 グループの仕事紹介(日経新聞2015/5/7)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ07I20_X00C15A5TJ2000/

ローソン、原発事故の避難者ら雇用へ 全国の店を紹介(朝日新聞デジタル2015/5/3)
http://www.asahi.com/articles/ASH514CY0H51ULZU001.html

関連記事