トップページ   »   東北まぐ  »  東北の今を伝える【東北まぐ】2013/10/11号:特集~気仙沼マルトヨ食品 / イギリス在住の日本人有志による復興支援「TERP LONDON」 / うまいいわて「ぶっかけ海鮮丼の具」のお取り寄せ
RSSフィード MyYahooに追加


【復興支援】海の子サポーター募集 宮城の牡蠣漁師の皆さんが現在、一口1万円の『海の子サポーター』を募集しています。サポーターになっていただいた皆さまには、一口につき年に2回、季節の『松島湾 旬の恵みセット』をお届けします。

「東北まぐ」は、メールマガジンの配信でおなじみ「まぐまぐ」さんが毎月11日に配信されているメールマガジンです。ご好意により転載させて頂いています。

2013/10/11 ※まぐまぐのサイトで読む 配信中止はこちらから
東北まぐ
夜の気仙沼湾に入港する、気仙沼大島からのフェリー(宮城県気仙沼市)
.
はじめに
 本誌創刊時に5回にわたって掲載した「缶闘記」。宮城県石巻市の缶詰め会社「木の屋石巻水産」の震災後の1年を追いかけた連載です。同時に制作された同名の短編ドキュメンタリー映画Cans of Hopeが先月英国のエジンバラで開催された映画祭“EDINDOCS”で招待上映されました。
 映画祭の主催者、スチュアート・マクルネスさんは「日本の震災は、イギリスでも誰もが知っている大きなニュースでした。しかし、そこに暮らしていた人々が、いまどのような状況なのかは、あまり知らされていません。災害は誰にでも降り掛かるもの。だからこそ、多くのイギリス人が震災のその後に関心を寄せています」と、選出の理由を話してくれました。観客の一人、地元の大学生ジュリアンさんは「災害を乗り越えようと、多くの人たちが協力して困難に立ち向かう姿に感動しました。日本の方の行動に、私たちが教わるべき知恵があります。私も日本に行きたくなりました」と語ってくれました。
 東北沿岸では、震災の風化が語られていますが、未だ強い関心を持って震災後の東北を見つめる人々が、世界中にいることを知りました。

 一人でも多くのみなさんが、東北に足を運ぶきっかけとなることを願って。東北まぐ、第27号をお届け致します。(岸田浩和)
 
ツイートする
 
行ってきました東北
 
行ってきました東北
みずから率先して動くのがモットーの清水さん。
試行錯誤を繰り返しながら、新しい道を切り拓いていく。
 
 昨年8月号に掲載した際は、「ようやく工場を再稼働させますよ!」と明るく語ってくれたマルトヨ食品の清水浩司さん。あれから一年を経たいま、みりん干しやさんまの薫製の本格稼働が始まり、新商品の開発も行っています。あらためて感じる震災後のものづくりの現状と、清水さんが感じる「これから」について、お話を伺います。
 
=神戸で気づいた事=
 震災後、マルトヨ食品の再建準備に奔走していた清水さんは、縁あって阪神大震災で大きな被害を受けた神戸市東灘区の岡本商店街を訪問しました。神戸の街を見て「震災の痕跡が全く見当たらず、とにかく街がきれい」と驚きを隠せませんでした。岡本商店街の再興に奔走した当事者たちに、清水さんは自らの将来を投影しながら、震災後19年の道のりを聞いたそうです。
 岡本商店街の店主の一人が語った「あのときは、自分達で情報を発信することが出来なかったから、取材が来るのを待つだけだった。もどかしい思いや、やっておけば良かったと言う事は沢山ある。いまは自分達から発信できる環境がある。この違いは本当に大きい」という言葉を、噛み締めるように聞いたそうです。
 清水さんが震災当時の様子を話しはじめると、「当時の辛い出来事や、悔しい気持ちがこみ上げて来た。」と、涙をこらえきれずにいる店主の姿に驚きを覚えました。清水さんは「町がきれいに再建され、19年の年月が経っても、心の中まで癒えるわけではない」という事に気づかされたと言います。

=「震災復興」という魔法は消えたのか=
 震災から3年を経たいま、東北沿岸のものづくりにも、変化がやって来たようです。
 清水さんの周囲でも「被災地の商品だからといって、応援の気持ちで買ってくれる状況はとっくに終わった」と、嘆く地元製造者の方が少なくありません。ミサンガや復興の文字の入ったTシャツなど、一人でいくつも持つ必要がないものは、確かに売れ行きが落ちているかもしれません。しかし、清水さんはこうした状況を「本来の姿に戻っただけじゃないかな」と冷静に見つめています。
 食品なら味やパッケージを検証し、お土産なら欲しいと思う形やデザインを追求する。「変化する状況に合わせて、自分たちもやり方を見直して行くしかない」と考え、「そこにチャンスがある」と前向きに捉えています。
 
=外へ仕掛けに行く意味=
 神戸の商店街を訪問して以後、積極的に東京や県外の販売会やイベントに出展するようになった清水さん。「東京の販売会で売れる50個や100個と言う数量は、大手流通への売上げに比べれば僅かです。でも、それ以上に得るものは大きい」と断言します。「東北の味付けは塩気が強いので、もっと薄味が良いんじゃないの」という声や、「1人用の小分けパックが欲しい」といった要望など、お客さんとの対話で耳に入って来た言葉が、商品改良や新商品の開発に役立っています。また、Facebookを活用して積極的にお客さんと交流する事で、リピーター率が向上しました。翌月の販売会に、わざわざ友人を連れて足を運んでくれるお客さんもいるそうです。

=地域ブランドの発信とこれから=
 最近、県外の販売会に足を運んでいると、「マルトヨ食品の清水さん」と言うよりも「気仙沼の清水さん」と呼ばれる事が多いと気づいたそうです。「地域ブランドの発信と言うと難しいマーケティングの話に聞こえるが、実際はもっと身近なものだった」と感じています。自分たちが作る商品や会社が、すべて”気仙沼の”という言葉と共に語られていることを知り、単に自社商品を売っているのではなく、気仙沼の看板を背負って商売している意識が芽生えたと言います。「気仙沼で連想される食のイメージは何か?」「この商品を届けたいお客さんは、どんな生活スタイルなのか」。お客さんと近づいた事により見えて来たテーマが、商品開発の原動力となっています。

 「結局は、地元の食文化に根ざしたおいしいものを作って、一人でも多くの人に届ける工夫をするしかないんですね」と笑顔で商品の”さんまくん”を手に取った清水さん。「将来、何年後かに振り返った時に悔いが残らないように、思った事は何でも挑戦してみる。上手く行かなかっても、不思議と必ず新しい道が出てくるんですよ」(岸田浩和)
 
行ってきました東北
さんまの薫製の製造風景
 
行ってきました東北
お客さんからのフィードバックを活かした、新商品の開発にも力を入れている
 
行ってきました東北
総理大臣賞を受賞したさんまの薫製「さんまくん」を、パスタにアレンジ。芳ばしい風味とさっぱりした味わいが、食欲をかき立てる。
 
ツイートする

Information
マルトヨ食品株式会社
〒988-0007 気仙沼市中みなと町131
0226-22-2058
https://ja-jp.facebook.com/
marutoyo.kesennuma
 

 
 
行ってきました東北
 
行ってきました東北
タープロンドン代表、下濱愛さん。ボランティアパブが開催されるロンドン市内のパブにて。
 
 イギリス在住の日本人有志によって結成された東日本大震災の復興支援グループ「TERP LONDON(タープ・ロンドン)」 。
 現在、3代目の代表を務めるロンドン在住の下濱愛さんをたずね、活動についてお話を伺いました。

 震災直後の2011年3月下旬、ロンドン在住の日本人起業家らが中心となり、中長期的な東北支援の継続を目標に活動がスタートしました。現在は、イギリスを起点に東北支援を行う人たちのプラットフォームとして、重要な役割を果たしています。タープという団体を活用して、多くの人が東北支援に携われるように環境を整えるのが、タープの役割となっています。東北支援のポータルサイトとしてイギリスでは広く知られているWebサイトの運営をはじめ、ニュースレターの発行、ロンドン市内のパブを貸し切って定期開催される「ボランティアパブ」という支援者同士の交流イベントも活動の一環です。

 下濱さんは活動の1年目を「”私たちに出来る事は何でもやってみよう!”というスタンスで、チャリティーコンサートの企画やイベント出展、募金の呼びかけなどアイデアを形にする事に奔走していました」と振り返ります。2年目からは、イギリスで支援活動を行う人たち同士の横の繋がりを構築し、立ち上がった活動が継続する為の素地作りに注力したといいます。3年目を迎えた今年は、東北沿岸部で自立しようと事業を立ち上げた被災地の人々に対し、支援を展開しています。東北沿岸の手仕事による産品をイギリスで販売する為、東北の生産者とイギリス国内に販路を持つ支援者を引き合わせ、販路構築のサポート行っています。さらに、イギリスで販売しやすい色やデザインをリサーチし、東北の生産者に対して直接フィードバックを行うなど、より踏み込んだ関係を築いています。

 去る4月にイギリスで行われたクリケットのチャリティーマッチでは、日本代表とイギリスの名門クラブが対戦。日本チームの観客動員としては、史上最多となる観客が詰めかけたといいます。会場では多くの募金が集まり、気仙沼でクリケット大会を実現させる動きに繋がっています。

 「日本でボランティアやチャリティーというと、手弁当で滅私奉公するイメージがあって、関心はあっても躊躇している人が多いんじゃないでしょうか」という下濱さんは、チャリティー文化が古くから根付くイギリスの良き風習を日本に発信したいと考えています。イギリスでは、ボランティアやチャリティーを「一方の人間が何かを与える行為ではなく”お互いに喜びを分かち合う参加の意識”で捉えている」といいます。

 遥か1万キロの彼方からでも、思いを形にして届ける事が出来ることを示してきたタープの活動。今後の活動は?という問いに下濱さんは「いま必要なことは何かと考え、思いを持った人たちが出来るだけたくさん参加出来る活動を続けて行きたい。」と話してくれました。(岸田浩和)  
ツイートする

Information
TERP LONDON
http://terp-london.co.uk/
 
今月のお取り寄せ
 
今月のお取り寄せ
パッケージは一人前ごとに分かれているので非常に使いやすいです。

今月のお取り寄せ
ごはんに乗せるだけで完成! 極上の海鮮丼が楽しめます。
ぶっかけ海鮮丼の具100g×5袋 3360円
  ゴチまぐ!編集部
イチオシの理由は?

 今回は岩手県の大自然が育んだ海の幸「ぶっかけ海鮮丼の具」をご紹介しましょう。入っている具材はいくら、めかぶ、ホタテ、エビ、ホッキ貝の5種類。非常に豪華です。

 試食では冷凍で届いたものを自然解凍し、酢飯ではなく、炊きたてのごはんに乗せて食べてみました。

 まず最初に感じられるのが磯の香り。海の幸そのものを凝縮したような食欲をそそる香りです。甘エビのトロッとした甘み、ホッキ貝のシコシコした食感、いくらのプチプチ感、ホタテの柔らかな食感、それらを刻みめかぶのとろみと塩気の効いたタレが見事に調和させています。

 内容量は100gなので少なく感じるかも知れませんが、具材の味がしっかりしているのでごはん一膳(約140g)にかけても満足感は十分。具が足りなくなることもなく、最後まで海鮮丼を楽しめます。

 もちろん、ごはんに乗せて食べるのが正攻法なんですが、冷たい蕎麦やうどんに乗せても美味しく食べられると感じました。海鮮好きならば是非一度試して欲しい逸品です。
ツイートする

お問い合わせ
・うまいわいわて
http://item.rakuten.co.jp/
auc-umaiwa-iwate/w-46/
 
 
【東北まぐ】 2013/10/11号 (毎月11日発行)
ツイートする
ご意見&ご感想はこちらから
 
編集 :岸田浩和
取材 :岸田浩和、関優作
デザイン :九門 淳(有限会社セカンドリビングプロジェクツ)
スタッフ :本村彰英
表題写真 :岸田浩和
 
発行元 株式会社まぐまぐ
 
「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
株式会社まぐまぐは、プライバシーマーク認定企業です
【東北まぐは、転載、複写、大歓迎です。】
まぐまぐ
 
東北まぐバックナンバーはこちらから

※タイトル冒頭のキャッチフレーズ「東北の今を伝える」の部分は、当サイト管理人J.Kanematsu(兼松)による創作です。

「東北まぐ」だけでは何のことか伝わりにくいと思い、2011年10月11日のツイッターでご紹介する際、「東北の今を伝える」と初めて表記しました。まぐまぐ社及びまぐまぐ社ライターとは何ら関係ありませんので、ご注意下さい。
関連記事
次のページ
福島県南相馬市の避難状況 2013年10月17日現在
新着
東日本大震災・避難情報&支援情報サイト バックアップブログについて
お問い合わせ&当サイトの引用・転載・リンク、禁止・免責事項について
【全国版】県外避難者の会、避難者支援団体の情報まとめました。
情報提供【双葉郡8町村、田村市、南相馬市、川俣町、飯館村の皆様】避難農業者経営再開支援事業・第2回申請受付のお知らせ(2017/9/29まで)
東日本大震災・被災者数(2017年9月10日更新。2017年9月8日現在:亡くなられた方(直接死) 15894人、行方不明の方 2546人。2017年8月17日現在:避難者8万6985人)/復興支援リンク集
福島県葛尾村の避難状況・帰村状況 2017年9月1日現在
福島県双葉町の避難者数・避難状況 2017年8月31日現在
福島県から県外への避難状況(2017年8月17日現在・県外避難者34,963人)―2017年8月30日福島県発表を元に、都道府県別の統計を掲載しています
東日本大震災の避難者は8万6985人(2017年8月17日現在)―8月29日復興庁発表を元に、統計情報を掲載しています
福島県南相馬市の避難状況 2017年8月12日現在
東日本大震災・被災者数(2017年8月10日更新。2017年6月9日現在:亡くなられた方(直接死) 15894人、行方不明の方 2550人。2017年7月14日現在:避難者8万9751人)/復興支援リンク集
福島県葛尾村の避難状況・帰村状況 2017年8月1日現在
【2017年7月九州豪雨】大分県の被害状況と避難所名(8月4日9時現在)
【2017年7月九州豪雨】福岡県の被害状況と避難状況(8月5日9時現在)
福島県双葉町の避難者数・避難状況 2017年7月31日現在
【大学生・高専生・大学院生】福島県へ就職される方の奨学金返還支援事業の応募者募集の情報(第1次募集:2017/7/20~2017/12/26)
【2017年7月九州豪雨】大分県の被害状況とライフライン復旧状況・避難所名(7月31日9時現在)、被災者生活再建支援法・県営住宅への一時入居のご案内
【2017年7月九州豪雨】福岡県の被害状況と避難状況(7月31日15時現在)、被災された方の住宅支援・転入学などの情報
福島県から県外への避難状況(2017年7月14日現在・県外避難者35,166人)―2017年7月31日福島県発表を元に、都道府県別の統計を掲載しています
東日本大震災の避難者は8万9751人(2017年7月14日現在)―7月28日復興庁発表を元に、統計情報を掲載しています
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アクセスカウンター
QRコード
QR
プロフィール

J.Kanematsu

Author:J.Kanematsu
関西広域連合で福島県の支援担当をしている県(滋賀県)の在住者です。私にできることは正確な情報を共有するお手伝いをする事だと思って続けてきました。

中立の対場で、市民ボランティアで運営しております。行政、民間の情報を問わず、自主避難、仮設住宅等の区別なく、地域を問わず、被災者・支援者の皆様のご参考になりそうな情報を発信します。

お問い合わせはメールフォームからお願いします。当サイトの引用、転載については<こちら>をクリックして下さい。

お願い:熊本地震関連サイトや、防災・減災関係のサイト様。出来る限り相互リンクさせていただきたいので、リンクの際はご一報願います!

リンクの際は管理人(@jkanematsu)の公式ツイッターをご参照いただけると助かります。(当サイトのツイッターアカウントは作っておりません。)お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。

支援・避難・ボランティア情報

最新記事
カテゴリ
リンク
リンク集
福島被災保護動物リスト集

東北地震犬猫レスキュー.com

カキの一口オーナー制度 うらと海の子再生プロジェクト(カキの一口オーナー制度)

震災孤児遺児応援
ワンコイン・サポーターズ 20,000人プロジェクト
banner_onecoin_234x60.gif

福島県避難者支援ブログに名称変更されました 福島県県外避難者支援ブログ

東日本大震災中央子ども支援センター福島窓口ホームページ

いわて防災情報ポータル

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

大工などの職人さんによる建築支援 がんばれ 東日本! 東日本大震災 建築支援活動

FUKUSHIMA HAPPY DESIGN FUKUSHIMA HAPPY DESIGN

浪江町の伝統工芸品 大堀相馬焼で作ったシルバーネックレス 浪江町の伝統工芸品 大堀相馬焼で作ったシルバーネックレス浪江町の伝統工芸品 大堀相馬焼で作ったシルバーネックレス

一番上へ戻る
Copyright © 2011-2017 東日本大震災・避難情報&支援情報サイト by Jun Kanematsu. All Rights Reserved.
カレンダー 123456789101112131415161718192021222324252627282930