トップページ   »  支援情報(避難を考えている/避難した方向け)
RSSフィード MyYahooに追加


【復興支援】海の子サポーター募集 宮城の牡蠣漁師の皆さんが現在、一口1万円の『海の子サポーター』を募集しています。サポーターになっていただいた皆さまには、一口につき年に2回、季節の『松島湾 旬の恵みセット』をお届けします。

(最終更新 2016/2/24)

県外避難者の会、避難者支援団体について、お問い合わせ・検索が増えているので、こちらでわかる情報をまとめました。
2016/2/24:滋賀県内避難者の会のホームページを追加しました。

http://www.jpn-civil.net/news/jcn/2011/10/1019.htmlを参考に、独自に情報を追加しました。
※サイトが立ち上がる前の状態の会がいくつかあるようです。新しい情報がわかり次第追記します。
アクセスが多いのでしばらくトップページに固定します(2012/1/26)

(追記)これだけの方が避難しているのにまとまった情報が殆どなかったことから、全国の避難者の会の情報を必要な方につなぐための発信として行ってきました。特定の立場から避難を勧める、あるいは非難するような二項対立で作ったものではなく、どんな思いも、立場も、尊重されるように願って発信しています。ひとつの情報として、ご参考にしていただければ幸いです。(2012/4/20管理人)

(追記)最近になって、移住(海外移住)を勧める形で大量にリンクをされる方がおられることに困惑しております。この記事自体が一部SNSでスパム扱いされる事態となっており、記事の引き上げも考えました。発信する者がそのような形で勇気を持たなければ発信を続けることができないのだとしたら、残念な限りです。ご自分の立場や信念と相容れない人を非難するニュアンスでのリンクはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

「特定の立場から避難を勧める、あるいは非難するような二項対立で作ったものではなく、どんな思いも、立場も、尊重されるように願って発信しています。」この一文に込められているのは、文字通りの気持ちです。これだけの方が避難しているのに避難先でまとまった情報が殆どなかったことから、必要性を感じて発信してきました。日々の生活であったり、学齢期の子どもさんの成長・進学等は、待ったなしのところがあります。政治と関係なく、時間は待ってはくれません。当サイトはそのための支援(情報支援)に重点を置いてきました。

この記事自体は、東日本大震災直後の避難者名簿情報の共有に端を発しております。広域避難された方への情報提供として自然な流れでした。ですが、事情をご存じない方には不快に感じられる方もおられると思います。福島に残らざるを得なかった方、避難先で転居を検討しておられる方、さまざまな方がいらっしゃいます。それがこの記事の背景にある難しさを表していると思います。

皆さまも、大変な思いをした隣人のささやかな幸せを願う気持ちを、日々のどこかで感じておられると思います。その気持ちを温かい形で活かしていただければ幸いです。本当はこの記事の必要が無くなるのが理想だと思っています。(2014/1/31管理人)


1.母子避難者の方

2017年3月現在、原発事故による避難で二重生活を強いられているご家族の再会を支援する目的で、高速道路の無料措置が実施されています。この措置は2017年(平成29年)3月31日までの間とされていましたが、2018年(平成30年)3月31日までの延長が決定しました。

実施期間:平成25年4月26日(金)0:00~平成30年3月31日(土)24:00

なお、以下の方は高速道路無料措置の対象外となります。ご注意下さい。
・満18歳に達してから最初の3月31日を過ぎた子ども及びその父母等
・既に証明書をお持ちで、震災前に居住していた市町村へ帰還された方
⇒証明書を発行市町村へ返却してください。

▼2017/2/28復興庁発表
原発事故による母子避難者等に対する高速道路の無料措置


2.原発事故の警戒区域等に居住されていた方・居住地が特定避難勧奨地点の設定を受けた方

高速道路の無料措置は2017年(平成29年)3月31日までの間とされていましたが、2018年(平成30年)3月31日まで継続されます。

継続期間:平成28年4月1日(金)0:00~平成30年3月31日(土)24:00

なお、被災時に警戒区域等に居住されていた方が、被災後に運転免許証を更新された場合は、被災時の居住地が確認できないので、別途「住民票の写し」や「被災証明書」など被災時の住所が確認できる書面が必要になります。ご注意下さい。

▼2016/2/28NEXCO東日本プレスリリース(報道発表資料)
原発事故による警戒区域等から避難されている方に対する高速道路の無料措置 4月以降の取扱いについて

お問い合わせ先
・国土交通省 道路局 高速道路課
 TEL:03-5253-8500

・NEXCO東日本 お客さまセンター
 TEL:0570-024-024(ナビダイヤル、24時間)
 又はTEL:03-5338-7524(PHS、IP電話の方)

・NEXCO中日本 お客さまセンター
 TEL:0120-922-229(フリーダイヤル、24時間)
 又はTEL:052-223-0333(フリーダイヤルが利用できない場合)

・NEXCO西日本 お客さまセンター
 TEL:0120-924-863(フリーダイヤル、24時間)
 又はTEL:06-6876-9031(フリーダイヤルが利用できない場合)

・JB本四高速 お客さま窓口
 TEL:078-291-1033(9:00~17:30)


2017/9/1追記



tsukuba20160226.jpg

福島県から茨城県に避難されている方々と学生や一般市民の方々が交流する「奏でよう!春のつくしま大交流会2017」が開催されます。お近くにお住まいの方は、是非お越しください。

◆日時:2017年2月26日(日曜日)10時から15時まで
◆会場:松代交流センター(茨城県つくば市松代4丁目16-3)

◆主催:茨城大学一般学生団体Tsukuba for 3.11
◆協力:元気つく場会(いい仲間つく浪会)

◆内容:前半「エコ楽器作り」、後半「エコキャンドル作り」(3.11に灯すキャンドルです)
◆参加費:500円 (昼食付き。元気つく場会(いい仲間つく浪会)の会員で事前連絡された方は会で負担。)
◆持ち物:室内履き、(あれば)空の牛乳パック、空瓶(キャンドル作りに利用)

▼参加申し込みフォーム
奏でよう!春のつくしま大交流会2017

▼元気つく場会(いい仲間つく浪会)の方は、2月22日(水)までに同会までお申込みください。
・連絡先⇒元気つく場会(いい仲間つく浪会)

▼お問い合わせ先
茨城大学一般学生団体Tsukuba for 3.11
・メール:tsukubafor311@gmail.com
・ホームページ:https://tsukubafor311.jimdo.com/
・ツイッター:@Tsukubafor311

1月30日に京都府庁で有識者意見交換会が開催され、福島県から京都府へ自主避難している方への住宅支援は、平成29年度(2017年4月以降)は有償で提供される見通しとなりました。京都市も同様の方針です。

京都新聞2017年1月31日報道
「福島自主避難者に住宅提供継続へ 京都府・京都市、有償で」


1月30日の決定を受けて、2月1日、京都府は「東日本大震災により福島県(避難指示区域を除く)から京都府内に避難している方を対象とした府営住宅の特定目的優先入居募集の実施について」を発表しました。

現在募集中の府営住宅の一覧(京都府ホームページへのリンク)
http://www.pref.kyoto.jp/saigaishien/documents/press.pdf

上記がリンク切れの場合は、「京都府の主な対応状況」よりご覧下さい。
http://www.pref.kyoto.jp/saigaishien/taiou.html


2017年2月1日現在の募集状況(※京都府ホームページのPDFの情報を文字化)

◆小栗栖西 (京都市伏見区小栗栖中山田町12-1)
築S45~47、2DK・3DK (浴槽有)、5戸 、32.8~53.8㎡、家賃(予定)14,600~30,200円、一部エレベーター有、一部単身入居可

◆西大久保(宇治市大久保町旦椋131-1他)
築S47~49 、2DK・3DK (浴槽有)、5戸 、42.0~51.18㎡、家賃(予定)12,700~37,500円、一部エレベーター有、 一部単身入居可

◆洛西 竹の里 (京都市西京区大原野東竹の里町1-1他)
築S54 、3DK(浴槽有) 、1戸 、54.1㎡、家賃(予定)23,700~40,200円、エレベーター無

◆円明寺 (乙訓郡大山崎町字円明寺小字鳥居前55-2)
築H8 、3LDK(浴槽有) 、1戸 、70.9㎡、家賃(予定)32,600~64,100円、エレベーター有

◆田辺 (京田辺市河原神谷69他 )
築S45、3K(浴槽有) 、1戸 、35.89㎡、家賃(予定)10,700~21,000円、エレベーター有

◆木津 (木津川市木津下川原3他 )
築H3 、3DK(浴槽有) 、1戸 、63.4㎡、家賃(予定)24,000~47,2000円、エレベーター無

※募集期間及び受付方法
期間:2017年2月6日(月)~2月20日(月)午前9時~午後5時(土日は除く)
受付:京都府原子力防災課内 災害支援対策本部まで持参

※入居予定時期 :2017年4月下旬頃から

※対象世帯 :平成23年3月11日時点で、福島県内(ただし、申込時点での避難指示区域を除く)に居住し、かつ、申込時点で京都府内に居住している避難者を含む世帯。



NPOによる支援窓口の情報



最後に、2017年2月~3月の交流会・相談窓口の情報です。

京都府避難者支援プラットフォーム
http://www.pref.kyoto.jp/saigaishien/hinanshasien-pf.html

東日本⇔京都 交流・相談会
日時 平成29年2月4日(土) 10時30分~16時
場所 聞法会館(下京区堀川通花や屋町上ル 西本願寺北隣) 
対象 東日本大震災の影響により京都府内に転居されている方およびそのご家族  
 

うつくしま☆ふくしまin京都-避難者と支援者のネットワーク
http://utukushima.exblog.jp/

2017年2月~3月の活動予定

●避難者相談日(電話・来所もOK)
 相談専用ダイヤル 070-5505-3191
 2月 1日(水)10:00~15:00
 2月 8日(水)10:00~15:00
 2月23日(木)10:00~15:00
 3月 1日(水)10:00~15:00
 3月16日(木)10:00~15:00
 3月23日(木)10:00~15:00

●ほっこりカフェ
 2月22日(水)10:30~12:00 事務所
 3月22日(水)10:30~12:00 事務所

●2017年度第3回総会について
 2月3日(金)19:00~ 事務所 

●2016年度活動報告会&避難者お話会
 日時:2月26日(日)13:30開場・14:00開会・16:30終了予定
 場所:京都市呉竹文化センター 2階 第1会議室


このページの情報は2017年2月1日現在の情報です。
作成者:兼松純(東日本大震災・避難情報&支援情報サイト)

全国の皆様向けに追記します。
市民団体「避難の協同センター」が2016年7月に設立され、電話相談や相談会を実施されています。

◆避難者専用相談ダイヤル
tel:070-3185-0311(月〜金 10:00〜17:00)
住まいのこと、暮らしのこと、法律のこと、ご相談ください。

◆避難の協同センターwebサイト
http://hinan-kyodo.org/

(2016/10/31追記ここまで)
京都府に避難されている方へ、追記します。



(2017/1/5追記ここまで)


情報提供いただきましたので、管理人のほうで紹介文を書かせて頂きました。

東京電力福島第一原子力発電所事故で、避難指示を受けていない地域から福島県内外へ自主避難している人への家賃補助(住宅無償提供)が、2017年3月末で打ち切られる予定です。これを受けて、「原発事故避難者の住宅支援継続を求める滋賀の会」が10月22日に滋賀県守山市で結成されることになりました。

当日は弁護士のほか、避難者の方4名(滋賀県・京都府在住)がシンポジウムに登壇されます。関西に避難されている方、ご関心のある方はぜひご参加ください。

◆日時:2016年10月22日(土)13時半~(受付13時~)
◆場所:守山駅前コミュニティホール(JR守山駅前・セルバ守山3階⇒地図
※JR守山駅へは、JR京都駅から新快速で約26分。
※予約不要・参加無料

▼お問い合わせ:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1276.html

▼関連記事
【福島県】自主避難者に対する2017年度以降の家賃補助について(2015年12月報道)(追記あり2016/1/5)

【近畿地方へ避難されている皆さま】福島県が県外避難者支援について京都府庁で関係府県連絡会議を行いました(2015/12/1)


チラシをいただきましたので、掲載します。



茨城県内への避難者・支援者ネットワーク「ふうあいねっと」では、生活再建のために中古住宅を購入された方、購入を検討されている方を対象に、中古住宅の購入方法やリフォームの注意点についての勉強会・相談会を開催します。


ibaraki201609-1.jpg


つくば会場
◆日時:2016年9月20日(火)午後1時~3時
◆場所:つくば市民大学(つくば市東新井15-2 ろうきんつくばビル5F)
◆参加費:無料

水戸会場
◆日時:2016年9月23日(金)午前10時~12時
◆場所:水戸市ボランティア会館(水戸市赤塚1丁目1番 ミオス2階)
◆参加費:無料

※ご希望の方は終了後、個別相談もお受けします。
※託児のご用意はありませんが、お子様もご一緒にお越し下さい。
※出来る限り、事前にお申し込みをお願いします。電話・メール・FAXで受け付けています。

▼お申し込み・お問い合わせ先
ふうあいねっと(担当/大里・植田)
電話:029-233-1370
FAX:029-233-1370
E-Mail: fuai.sta@gmail.com

FAXの方は、FAX申込書をご利用下さい。

ibaraki201609-2.jpg


埼玉県内に暮らす福島や東北の被災地からいらした方々が安心して交流し情報交換をするための場「春日部・つながりカフェ」が毎月開催されています。

避難者の方同士のつながりづくりにいらっしゃいませんか。
初めてご参加される方も、気兼ねなくお越しください。お待ちしております。

◆日時
・2016年6月2日(木) 13:30~16:00
・2016年7月6日(水) 13:30~16:00
・2016年8月4日(木) 13:30~16:00

◆会場
コーププラザ春日部 2F 第1会議室(※8/4は 第2会議室)
〒344-0067 埼玉県春日部市中央1-4-1
電話:048-753-4333

◆お問い合わせ先
震災支援ネットワーク埼玉(SSN)
電話:048-829-7400
http://431279.com/event/20160602.html

東日本大震災により、山形県内に避難されている方々を対象とした相談・交流会が山形市で開催されます。

同郷の方々との交流の輪を広げてみませんか?
情報提供・相談ブース・お子さんも楽しめる催しも準備します。

◆日時:2016年6月18日(土)10時45分~15時
◆場所:山形ビッグウイング(山形国際交流プラザ)/山形市平久保100番地
◆事前申し込みをお願いします。
別紙「申込書(21KB)」をご提出ください。(6月8日(水)締切)
山形県HPにワード文書の申し込み書があります。

◆お問い合わせ・申込先
山形県環境エネルギー部危機管理・くらし安心局
危機管理課復興・避難者支援室
TEL:023-630-3100 FAX:023-625-1625
E-mail:lifeline1@pref.yamagata.jp

※チラシ(クリックすると拡大します)
yamagata20160618-1.jpg

yamagata20160618-2.jpg

1.母子避難者の方

2016年2月現在、原発事故による避難で二重生活を強いられているご家族の再会を支援する目的で、高速道路の無料措置が実施されています。この措置は2016年(平成28年)3月31日までの間とされていましたが、2017年(平成29年)3月31日までの延長が決定しました。

実施期間:平成25年4月26日(金)0:00~平成29年3月31日(金)24:00

なお、以下の方は高速道路無料措置の対象外となります。ご注意下さい。
・満18歳に達してから最初の3月31日を過ぎた子ども及びその父母等
・既に証明書をお持ちで、震災前に居住していた市町村へ帰還された方
⇒証明書を発行市町村へ返却してください。

▼2016/2/19復興庁発表
原発事故による母子避難者等に対する高速道路の無料措置


2.原発事故の警戒区域等に居住されていた方・居住地が特定避難勧奨地点の設定を受けた方

高速道路の無料措置は2016年(平成28年)3月31日までの間とされていましたが、2017年(平成29年)3月31日まで継続されます。

継続期間:平成28年4月1日(金)0:00~平成29年3月31日(金)24:00

なお、被災時に警戒区域等に居住されていた方が、被災後に運転免許証を更新された場合は、被災時の居住地が確認できないので、別途「住民票の写し」や「被災証明書」など被災時の住所が確認できる書面が必要になります。ご注意下さい。

▼2016/2/19国土交通省報道発表資料
「原発事故による警戒区域等からの避難者に対する高速道路の無料措置」の継続について

▼詳細はこちらが分かりやすいです
【更新】高速道路の無料措置が継続されます(大熊町2016/2/19)


お問い合わせ先
・国土交通省 道路局 高速道路課
 TEL:03-5253-8500
・NEXCO東日本 お客さまセンター
 TEL:0570-024-024(ナビダイヤル、24時間)
 TEL:03-5338-7524(PHS、IP電話の方)

茨城県水戸市の茨城大学にて、「東日本大震災による広域避難者の長期的な見守りを考える円卓シンポジウム」が開催されます。

「東日本大震災・福島原発事故から5年を迎えようとしています。茨城県には震災の影響により県外から来られた4,000人近くの方が生活されています。未だになお、避難先の地域社会に溶け込めず孤立している方も多くいらっしゃいます。地域社会でとくに高齢の広域避難者を長期的にどのように見守ってゆくのか、阪神淡路大震災後の見守り活動の経験を参考に、多くの関係者の皆さんと一緒に考えたいと思います。」(告知チラシより)


◆日時:2016年2月18日(木)10:00~12:30
◆会場:茨城大学 環境リサーチラボラトリー棟講義室(茨城県水戸市文京2-1-1)

◆主催:茨城大学、水戸市
◆共催:ふうあいねっと
◆後援:茨城大学ICAS、茨城県社会福祉協議会、茨城県、福島県、浪江町復興支援員茨城県駐在

◆プログラム
10:00 開会あいさつ
10:05 講演「阪神淡路大震災20年の見守り活動から広域避難者支援を考える」
    講師:NPO法人よろず相談室代表 牧秀一氏
11:15 円卓会議
    ・水戸市の取り組み報告
    ・テーマ別の円卓会議終了後、ミニ懇談会を予定しています
12:15 全体での共有
12:30 閉会

◆入場無料
◆当日参加可。出来る限り事前申し込みでお願いします(下記問い合わせ先まで「氏名・所属団体・人数・連絡先」をお知らせください)。

◆お申し込み・お問い合せ先
茨城大学 原口弥生さま
電話:029-228-8427
http://www.ibaraki.ac.jp/events/2016/02/011455.html


◆チラシ(クリックすると拡大します)
ibaraki20160218-1.jpg

ibaraki20160218-2.jpg

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アクセスカウンター
QRコード
QR
プロフィール

J.Kanematsu

Author:J.Kanematsu
関西広域連合で福島県の支援担当をしている県(滋賀県)の在住者です。私にできることは正確な情報を共有するお手伝いをする事だと思って続けてきました。

中立の対場で、市民ボランティアで運営しております。行政、民間の情報を問わず、自主避難、仮設住宅等の区別なく、地域を問わず、被災者・支援者の皆様のご参考になりそうな情報を発信します。

お問い合わせはメールフォームからお願いします。当サイトの引用、転載については<こちら>をクリックして下さい。

お願い:熊本地震関連サイトや、防災・減災関係のサイト様。出来る限り相互リンクさせていただきたいので、リンクの際はご一報願います!

リンクの際は管理人(@jkanematsu)の公式ツイッターをご参照いただけると助かります。(当サイトのツイッターアカウントは作っておりません。)お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。

支援・避難・ボランティア情報

最新記事
カテゴリ
リンク
リンク集
福島被災保護動物リスト集

東北地震犬猫レスキュー.com

カキの一口オーナー制度 うらと海の子再生プロジェクト(カキの一口オーナー制度)

震災孤児遺児応援
ワンコイン・サポーターズ 20,000人プロジェクト
banner_onecoin_234x60.gif

福島県避難者支援ブログに名称変更されました 福島県県外避難者支援ブログ

東日本大震災中央子ども支援センター福島窓口ホームページ

いわて防災情報ポータル

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

大工などの職人さんによる建築支援 がんばれ 東日本! 東日本大震災 建築支援活動

FUKUSHIMA HAPPY DESIGN FUKUSHIMA HAPPY DESIGN

浪江町の伝統工芸品 大堀相馬焼で作ったシルバーネックレス 浪江町の伝統工芸品 大堀相馬焼で作ったシルバーネックレス浪江町の伝統工芸品 大堀相馬焼で作ったシルバーネックレス

一番上へ戻る
Copyright © 2011-2017 東日本大震災・避難情報&支援情報サイト by Jun Kanematsu. All Rights Reserved.
カレンダー 123456789101112131415161718192021222324252627282930